Excite~The Moyurupen! Street Journal

kandytensu.exblog.jp

時代の潮流を公平な視点で縦横無尽に駆け回ります。

ブログトップ

<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

保守同士の争い。

籠池陣営も安倍陣営も保守右派の砦一派の輩ですが、
同じ屋根の下で仲違いしている騒動ぶりには辟易してしまいます。
客観的な視点でものを言う西田議員は、いつもの質疑ではなく、
保身的な立場で対応していた。良識の鏡である彼らしくない。
彼の立場だったら両者の証人喚問を唱えるべきだった。
政府与党はもはや完全なもみ消しや、
逃げ切りの道しか残っていないように映る。
表向きはのんきに構えている官僚側も、
これからは日々悩むことになるだろう。
個人的にはどちらが正しいとか正しくないとかというのには、
はなはだ関心はなく、事実はどうだったのかということ。
憶測だが、昭恵夫人から籠池理事長への現金の差し入れは、
一般的には信じがたいが、
全てを賭けて国会証問に臨んだ覚悟には敬意を表したい。
不満なのは財務や国税の官僚の行動だ。
重要文書をすぐ廃棄するのは慣例の範囲だと言うが、
一般的にはこれは証拠隠滅と言っていいだろう。
発言内容も偽証的である。
昭恵夫人付きのFAXは完全な公務の内容といえる。
SNSやメールは公文書ではなく、
成りすましや怪しい部分は多々あることから、
100%信じるわけにはいかない。
籠池側からの陳情の手紙がようやく公開されたが、
ゼロ回答どころか満額回答に近い状況になっている。
谷氏への責任転嫁は政治家のするべきことでない。
検察関係は籠池氏の偽証罪は難しいと言う。
籠池理事長の思いと学校の方針に共感した安倍夫妻には、
今後多くの責任がのしかかるだろう。
籠家氏と相打ちということになりそうである

[PR]
by kandytensui | 2017-03-30 19:31


アメリカ第一主義や欧州での自国第一主義の台頭は、

歴史の経緯をみれば、容易に予測はできる。

中東各地から欧州へ難民が押し寄せ、

各国は難民を許容範囲を超えてその限界の壁を感じて、

排他的になっている。多くの難民はどうして押し寄せて来るのか、

という本質を抜いて、ただ自国第一という面だけが一人歩きしている。

それで事は済むのだろうか・・・・、


しかしそれは済むはずがないのである。


歴史的に見て文明の興亡は必ず発生する。

中国の何千年もの王朝の興亡をみてもわかるように、

現在の中国共産党王朝も幕を閉じるのは歴史の宿命なのだろう。

ここ一千年の間、中東を踏みにじった欧州列強の植民地主義が、

いまの難民を生む起因となっていることを、そっちのけにして、

自国第一主義や民族主義的な思想が幅をきかせている現状にしか

目がいかないのは何故なのか。

人類の進化はいま止まっているように映る。

はるか40光年の地球に似た惑星の文明からは、

私達地球人はどう見られているのだろうか。

あなたは考えたことがありますか。

いま地球に住んでいる私達は、

自分第一主義、自国第一主義がある限り、

殺戮と破壊の繰り返しは未来永劫止むことはないだろう。

共存共栄と互助関係こそが、

人類の未来をみつめる糸口になることだけは確かなようである。

"The future of the mankind who didn't look at kind of matters any more"

Rise of an American first principle and an own country first principle at Europe?

When seeing the longitude and latitude of the history, it can be predicted easily.

A refugee presses against Europe from Middle East all part.

Each country, a victim, after a wall of its limit is felt beyond latitude.

It becomes exclusive. Why doing many refugees' surge and come or.

The kind which says so is removed, and, a free own country, first, and, only the face I say has wings.

Is the fact finished with that....?


But that can't be finished.


I see historically and bring about civilized fate certainly.

Even if fate of a Chinese thousands of vintage dynasty is seen, understand.

It'll be fate of the history that the present Communist Party of China dynasty also ends.

The colony principle in the Europe Great Powers that the Middle East was offended during these one thousand years.

After I make it ignored to become the cause which bears the refugee now.

Only in the current state in which an own country first principle and a folk principle-like thought can wield the power

Why aren't eyes attracted?

Human evolution seems so that it may stop now.

From the civilization of the planet quite similar to 40 light-years of earth

How are we seen by an earthling?

Have you thought?

We who live in the earth now?

As far as myself have the first principle and an own country first principle.

The future eternity wouldn't stop for a repeat of a slaughter and destruction.

Mutual coexistence and a mutual help relation.

Only to become the start which looks at the human future seems certain.





[PR]
by kandytensui | 2017-03-22 01:03 | 愛と勇気


国有地の不適切な払い下げ問題と戦前回帰のナショナリズムが、

アジア地域全体への暗雲と自由主義経済圏に影を落としはじめている。

森友学園問題にしても第二の森友学園問題にしても、

官僚や議員の関わり合いに大きな疑義が生じ、

世論全体が政権与党に疑問を投げかけてはいるが、

永田町では聞く耳を持たない賭けに出ている。

安定多数の権力基盤がそうさせてはいるが、

突然の解散総選挙があるにしても、任期満了での総選挙があるにしても、

自民・公明党への支持は崩落することになると予想する。

トランプ新大統領が就任して100日間は、

大目に見る慣習が米国社会にはあるようだが、

それを過ぎれば、どうなるかは誰にもわからない。

そういう状況の中、GPIFがこれまでの収益を鑑み、

米国投資ファンドに積極的になろうとはしているけれども、

世界の流れを見渡しても、二匹目のドジョウをすくえる保証は何処にもない。

最悪の場合、年金資金が枯渇する危険性は排除出来ないので、

年金資金は運用に目を向けるのではなく、

盤石な保管を約束すべきだと思っている。

国民の大切な貯蓄性預金みたいなものだからである。

加計学園系列が国家戦略特別区の対象になったのには驚いた。

安倍第二次政権が発足してすぐのことなので、

これには必ずわけがあるはずだ。

ところが彼らは非公開にするという。

死せる担当政権、良識の国民と世論を走らす。。。


Ave flea camphor tree and the nationalism

which cause a flounder of Japanese economy.



The sell point that a national land is improper and nationalism of the regression of prewar days.

I have begun to project on a dark cloud and a free economy area to Asia whole region.

Even if it's made the second Moritomo school problem even if it's made Moritomo school problem.

A big doubtful point occurs to a concern of a bureaucrat and a councilor.

The whole opinion is presenting a question about the government Government party.

I'm out to the gambling in which I don't have the ear heard at Nagata-cho.

A power base of stable majority is making them do that.

Even if there is a general election by expiration of term even if there is a sudden dismissal general election.

It's expected that support to LDP and Komeito will fall.

New president accedes, and, 100 days?

There seems to be a practice seen generously in American society.

When passing that, no one knows what happens.

GPIF considers the former profit during such situation.

It tries to be the American investment fund aggressively.

Even if a flow of the world is looked around, there is a guarantee from which the second of loach can be rescued nowhere.

Because exhausted danger can't exclude the pension fund when being worst.

The pension fund doesn't turn its eyes to practical use.

I think the safekeeping which is huge rock should be promised.

Because it's something to look like a national important savings propensity depositor.

I was astonished that Kake school affiliates was made the target in a state strategy special ward.

Because it's a government starts the second, and that it's immediately, Abe.

This should have a reason certainly.

But, they say that they make it closed.

I make an opinion run with the charge government which can die and the polity of good sense.
[PR]
by kandytensui | 2017-03-10 23:48

by kurarin