Excite~The Moyurupen! Street Journal

kandytensu.exblog.jp

時代の潮流を公平な視点で縦横無尽に駆け回ります。

ブログトップ

2015年 07月 22日 ( 1 )



1300億円が3000億円ぐらいになったからといって、
世界でも最も難易度が高いアーチ型開閉式国立競技場を、
作らない手はないと考えます。
世界はその技術と誠意を推し量り注視しているのではないでしょうか。
一億総経済評論家となり、お金がかかり過ぎるとか、
わかったようなことをおっしゃってはおりますが、
五輪開催の意味を別のアングルからフォーカスするべきと考えます。
東京都にはおよそ5000億円のキャッシュフローがあるといわれ、
国家的な税収も大幅に増え、大企業に至っては、
数百兆円の内部留保金があるのでしょう。
だったら出し惜しみしないで、日本の建築が最高レベルだと、
世界から羨ましがれるという光景を想像できませんか。
白紙にしても既に100億円ほどの契約は進行しており、
違約金はかなり高くなるのではないでしょうか。
私がザハ氏だったら1000億円は請求します。
それくらいのコンペだから誘致に成功したんです。
白紙計画見直しを内閣主導でやる?
できっこないですよ。
おそらく内閣の延命ツールに使う腹なのでしょう。
そういう「姑息性は安倍氏の考えそうなことです。
工事開始は早くても来年の春ごろでしょうか。
年内には決まるとは思えません。
それでは間に合わない。現行案を突貫で、
ゼネコンは意地を見せ無償でやる覚悟は必要でしょう。


[PR]
by kandytensui | 2015-07-22 08:40 | 2020五輪関連情報