Excite~The Moyurupen! Street Journal

kandytensu.exblog.jp

時代の潮流を公平な視点で縦横無尽に駆け回ります。

ブログトップ

2015年 07月 16日 ( 2 )




安倍第二次内閣が安全保障関連法案を違憲と分かっていても、
強行採決しましたが、銀座の7,8丁目界隈には、
一元さんお断りのお店が何千となり、日本のトップをはじめ、
影響力のある人達がお忍びで通う倶楽部が目白押し。
銀座のマネキン嬢たちはアドバイザーへと変身。
そんな何気ない会話聞きたくありませんか。。。。



「あらアベちゃん、ちゃっかり法案を通しちゃったわねぇ」
「いいのかしらねぇ・・・」
「だってしょうがないんじゃないの。悪いのはあたいたちなのよ」
「サトミ、ずいぶん納得なのね」
「だってさぁ、民主党があたいたちを裏切って、いつのまにか、元の自民党になって、だんだん世知辛い世の中になったわけは、国民の責任よ」
「ふんふん、だっふんだ・・・・」
「なおちゃんも、そう思う?」
「思う、思う。人間はみんなさぁ勝手なのよ。だれも、責任をとらないし、逃げてばかりでさぁ」
「さいきん、いい男がいなくなった」
「いなくなったねぇ」
「セコくなったねえ」
「ママには内緒だけど、同伴割り勘なのよ、信じられな~い・・・」
「マネキン嬢をなめてるのよ」
「いいいやそれはないよ。あたいたちの秘密は知らないから。でも、バカ女みたいな目つきで見られると頭に来る」
「石破ちゃんも、白鵬関もさいきん来なくなったわね・・・」
「石破ちゃんは大の倶楽部好きでね、テレビ出演の謝礼をあたいたちのために全部使ってくれていたわねぇ。ありがたや、ありがたや。白鵬関はもうすぐモンゴルにかえるんだかどうか知らないけれど、しっかり貯め込んでいるみたい。だからけちんぼう。帰化もしない覚悟だし、親方にもなる気はないみたい・・・」
「白鵬がプロレスにいけば、面白くなるねぇ・・・」
「悪役には最適よ・・・」
「それはそうと、アメリカで男同士、女同士でも結婚できるようになったんですって」
「オバマさんも後押しをねぇ。信じらんなぁい・・・」
「マネキン嬢同士でも結婚できるってこと?」
「あんたはアホか・・・」
「ギリシャの首相頑張ってるねぇ。やっぱり借りたほうが強いよね。どうせ借りるなら返せないぐらい借りてさぁ、払えなくなれば、棒引きの線で・・・・」
「あんたは甘い・・・。ママにいくら借りたのよ。一生、このお店で返さなくちゃだめなのよ」
「いったいいくら借りたのよ?」
「とても言えないわ・・・」
「まさか50兆円?」
「まさか・・・」
「1000兆円?」
「まさか・・・」
「1京円?」
「まさか・・・」
「一体どのくらい借りたのよ?」
「まぁ、恐竜時代からいままでの長期ローンでと言うくらいの額かな・・・」
「ひぇ・・・・・・・・・・・・・」
「2020年東京五輪、どうなっちゃんだろうね・・・」
「新国立競技場の予算ですったもんだしてるみたいだねぇ・・・」
「都の職員も大変だぁ」
「でも、森さんは五輪利権の旗頭で、遠藤さんもその部下でしょう・・・」
「そんなことはどうでもいいわ。五輪の開催担当責任者がいないってことが、大問題なんじゃない?ロンドンではちゃんとした人がいたんでしょう?だから大成功した」
「音楽ならYMOのビハインドザマスクかな・・・」
「山下達郎なんかもいいんじゃない」
「あたいは、きゃぱきゃぱコミュコミュ・・・」
「なにそれ?
「やっぱAKB」
「だめだよ、そんなの、日本の文化が疑われるよ・・・」
「はやくハッキリしたコンセプトが欲しいわね・・・」
「だったら、銀座の倶楽部ではたらくおもてなしマネキン嬢、というのも悪くはないね・・・」
「それでいこうか」
「それで行こう、誰も手をあげないんなら。やったもんがちね^0^」



[PR]
by kandytensui | 2015-07-16 16:28 | 愛と勇気
ドイツではナチス戦犯個人については、
未来永劫裁判にかけられていますが、
国家自体は問われなかった。
日本では国家自体が問われ、
最高責任者であった天皇にはお咎めはなかった。
昭和天皇は、
枢軸側の三大トップであるヒトラー、ムソリーニ、ヒロヒトとして、
連合国のTIME誌にでも紹介されたほど有名で、
大日本帝国の最高司令官でもありました。
日本中の都市が破壊され、
東京大空襲で焼け野原になった東京の惨状を見ても、
側近の忠告にも耳を貸さず、国民の犠牲が増幅し、
勝つ見込みがなくても、沖縄戦・本土決戦・原爆投下という、
やらなくてもいい戦いまで持ち込んだ最高責任者の罪は重い。
大手新聞社も大本営も官僚・財閥もしかり。
天皇も大手新聞社も戦意高揚の謝罪はいまもってありません。
勝者がいれば必ず敗者は存在する。
勝者が敗者を裁くのは仕方のないこと。
戦争とは殺戮無しには成り立たない。
殺された側は殺した側への憎悪を募らせる。
お互いがそういう迷宮に入り狂気の世界に身を置き、
自己を喪失し理性を失ってしまう。
有史以来人類の興亡はその繰り返しの中にあり、
未だに進化できないでいます。
安倍氏の祖父の岸信介氏は当時満州国の実権を握っており、
そのDNAを引き継いでいます。
戦時緊急措置法は1945年6月、昭和天皇への戦争責任を軽くし、
議会にも負わせようとした法案。
国家総動員令は1938年に成立。
今回の安保関連法案はそれに近い物となるでしょう。
担当政権を大勝させすぎると危険であることは、
普段選挙にいかない人にとっては身にしみたことでしょう。
選挙を棄権するということはこういうことです。
あなたの息子さんが、学徒出陣・特攻隊に赴かない保証は、
何処にもありません。
私はそういう世代ではないので、
作品での発信、提言や諫言を遺すことにより、
日本のよりよき正しい選択がなされるよう努力するだけです。
ただ、戦前では女性には選挙権はなく、
男子の25歳以上のみだった事を考えれば、
いまは国民主権ですからいかに良い時代であるかが分かるでしょう。
安倍氏の側近は、
「法案を通してしまえば、国民はすぐわすれてしまう」
という考えの人が多いという。
戦争でも試合でも、敗者は敗者としての禊ぎからは逃れられない。
ですから、戦わずして勝つという、
不戦の誓いは大切なんだろうと思います。

[PR]
by kandytensui | 2015-07-16 09:29